JALC主催 

第48回母乳育児支援学習会(eラーニング)

 ~ 親と子に寄り添う母乳育児支援 ~

 

 

 このたびNPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会(JALC)は、「親と子に寄り添う母乳育児支援」をテーマに、第48回母乳育児支援学習会をe-learning形式で行うこととなりました。

 出生後すぐからの母と子の肌と肌とのふれあいや、赤ちゃんのサインに応える授乳、抱き方、含ませ方、安全な母子同室や添い寝など、親と子に寄り添う母乳育児支援とは何かを考えていきたいと思っています。母乳育児支援に関心のある方ならどなたでも受講いただけます。STAY HOMEでも学べるeJALC!皆様の学びの機会に是非ご利用ください。

 

 大会長 中西貴美子

 


【 申込期間 

 2020年9月15日(火)13:00~ 2021年5月10日(月)正午

 

【 受講期間 】

 お申込み日(購入)から3ヶ月間

       

【 対  象 】

母乳育児を援助する専門家(助産師、看護師、保健師、医師、歯科医師、栄養士など)をはじめ、学生、母乳育児支援団体認定リーダーなど母乳育児支援に興味のあるかたであればどなたでも。

 

【講義内容

会場で講演を予定していた第48回母乳育児支援学習会の内容(スライド映像+音声)。各講義の配布資料(PDF)付き。講義動画の視聴・資料の閲読・講義に関する簡単なアンケートに回答いただくことで、継続教育単位(CERPs)の取得が可能となる予定です。(2020/9/4更新)

 

【 継続教育単位 

ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位:すべての講義を受講されると 10L-CERPs 取得出来ます。

講義動画の視聴と配布資料閲読の両方を終えるとCERPsの取得が可能となる予定です。

なお、CERPsのダウンロードはお申込み日(購入)から3ヶ月間です。ご注意ください。

※ CERPsの発行にあたって

 同一講師による同一内容の講義(再演)を複数回受講されても、継続教育単位はIBCLCの試験や再認定時に重複して申請はできません。なお、講義自体は重複してお受けいただくことは可能です。

 

 

【 日本助産評価機構アドバンス助産師更新のための指定研修として単位申請可能  

但し、単位申請には条件があります(日本助産師会会員で、助産所管理者および助産所勤務助産師)。詳細は日本助産師会HPでご確認ください。

 


スマートフォンでご覧の方は

 1.左上 または右上 🈪 マークをクリック

 2.⊞ マークをクリック  で詳細ページに移動できます。